化粧品のプロが発信!肌が7才若返るブログ 

もう、しわ・シミ・たるみに悩まない!「肌を若返らせるためのサイエンスコスメ」を美容業界の最前線から化粧品会社の社長が発信します。

【実験動画】シミ・シワ・たるみ・・・・奇跡のアンチエイジング成分ILGとは!?

f:id:ilg-b:20161226011004j:plain(ILG原料画像)

これまでのブログでは薬学博士によって開発された甘草成分ILG(イソリクイリチゲニン)が、いかに革新的な化粧品成分なのかを文章で説明してきました。

 

しかし、文章だけでは

 f:id:ilg-b:20170420144650j:plain

「本当にそんなにすごいの?」

「宣伝で嘘を言ってるだけじゃないの!?」

「実際そういってても、化粧品で本当に効果を実感したものはなかった。もう騙されたくない!」

 

と、信じられない方も多いと思います。(私もそう思います。宣伝や説明だけは凄いという化粧品成分は世の中にたくさん存在しますので・・・)

 

 今日はこのILGを配合した化粧品の効果を、一般的な化粧品と比較した実験で科学的に検証する動画をお見せします。

私自身が、この製品の大ファンの一人となったキッカケの実験です。

 f:id:ilg-b:20170328132452j:plain

まず、基本的な「アンチエイジング=綺麗になるための知識」として女性の皆様に知っていただきたいのが

 人間の様々な老化現象の要因を「酸化(さんか)」といいます。 

f:id:ilg-b:20170420144825j:plain

酸化とはよく「サビる」という言葉で表現されますが、私たちのカラダは、呼吸するたびに活性酸素を発生させます。

活性酸素の発生によって起きるこの酸化現象は、肌も体内もカラダのあらゆる部分を老化させる原因物質です。

肌も同じでシミやシワを作る老化現象の要因=酸化です。

 

理論上、全く酸化現象を起こさずに生きていければ老化はしないということになりますが

人間は ①酸素を吸う  ②紫外線を浴びる  ③ストレス

f:id:ilg-b:20170420144944j:plain

 

たったこれだけで活性酸素が発生し、老化してしまうので全てを抑えることは事実上不可能です。

 

この、どうしても起きてしまう肌の化をいかに抑えるか!これがアンチエイジング(老化抑制)重要課題となります。

ですので、アンチエイジング化粧品」と呼ばれるものには「抗酸化成分(酸化を抑える成分)」というものを配合して肌の老化を抑えようとします。

有名な成分でいえば、ビタミンCやワインの中に含まれるポリフェノールなども抗酸化力をもっています。

f:id:ilg-b:20170420145504j:plain

 

では、ILGという新成分の抗酸化力はいったいどれほどなのか・・・・?  

 

DPPHラジカル実験(抗酸化力実験)をお見せします。

 

この実験を一言で説明すると「紫色の液体に化粧品を入れて、色が透明に変化するかどうかで活性酸素を抑える抗酸化力とその効果までのスピードがわかる」というわかりやすい実験です。

有名な抗酸化成分配合の化粧品ILG配合美容液抗酸化力(アンチエイジング力)の違いをごらんください。

 


ILG配合化粧品の抗酸化力 比較実験

 

(DPPHラジカルは溶媒に溶かすと紫色をしています。この溶液に抗酸化物質を含む抽出液を加えると,DPPHラジカルが消去され色が薄くなり抗酸化力を評価します。)

 

これは「エイジングケア(シミ・シワ老化防止)の絶対的条件」を計測する実験ともいえます。

この実験によって、ILGの強い抗酸化力(老化抑制)と、そして効果までのスピード、高濃度に配合されていること

が証明する事ができます。(抗酸化力があっても分子が大きければ浸透が出来ないためその価値が半減します。ILGは分子量256です。)

 

効果を追求したサイエンスコスメと呼ぶにふさわしいものだと思います。

 

皆様はこういった実験を積極的にする化粧品を見た事がありましたでしょうか。

化粧品の全てがこのような実験で根拠と効果を追求する時代がくることを、そしてより研究が進み、肌に悩む全ての方が化粧品で美しくなれることを願っています!

 

ILGについてもっと知りたい方はこちらから

ILGとは|エイジングケア化粧品I'LG-b公式通販